マイラケット再生計画

0

    新しく買ったラケットがフィットしたわけだけど…あくまでこのラケットは相方の練習に付き合うのを目的として、安定性を高めるために用意したものなのです。

     

    というわけで自分の本来の戦型に則したラケットも用意したいわけでして…安西先生…俺…やっぱり表ソフトラバーが使いたいですw

     

     

    【現在の装備】

    ラケット:柳生 (日ペン 桧単版)

    ラバー:ブースターSA (表ソフト)

     

     

    これが現在の表ソフトのラケットの構成です。「柳生」は桧単版で球のスピードが速く、弾性もハードです。そしてブースターSA…このラバーもテンション系表ソフトラバーで、回転もかけられるが弾性が高いものです。つまり高弾性×高弾性=自分で打っている感じが全くしないw打球感をあんまり感じられなくて手になじまないんですよね〜。いわゆる上級者向けの組み合わせですね。というわけでなるべく打球感を感じて打ちたい初級者の私としてはこの組み合わせは合わなかった感じでずっとモヤモヤしているんですよ。

     

     

    そこで考えたのがラバーを弾みが少ないものに変える方法。これでちょっと高弾性になりすぎないように調整してみようかな〜と。ラケット自体は軽めでもあり、取り回ししやすいのでそのまま使っていきたいと思います…こいつも悪いラケットじゃないんじゃ〜。ただ少しジャジャ馬なだけなんじゃ〜。

     

     

    というわけで今色々と候補探し中です。

     

    .后璽僉璽好團鵐團奪廛后21 sponge

    ▲リジナル(表ソフト)

    スペクトル

     

    この中では台上技術がやりやすく、回転もそれなりにかかるという,な〜と思っています。スポンジも柔らかめで打球感もソフトらしいですし。どうにもテンション系ラバーはあんまり使ってこなかったからか、個人的には違和感を覚えてしまうのかもしれませんね〜。

     

     

     

     


    今週の卓球(ドライブ打ちすぎて筋肉痛)

    0

      最近暑いわ〜。少し外で動くとすぐ汗が出てきてしまう…。というわけで今週も卓球やってきました。おもしれ〜おもしれ〜よ〜卓球。

       

       

      ほんでもって、今回の卓球の個人的な目標としまして下記のものがありました。

       

       

      新しいマイラケット「ハッドロウJPV−R + キョウヒョウPro3」の使い心地はどうか…

       

       

      結論としましては………

       

       

      ようやっと巡り合えたわ…

       

       

      という感じになりましたwなにこれ?まさに私が求めていた打球感w正解は低イボではなく粘着ラバーだっということか…(そういえば過去のラケットではタキファイアDとか使っていたけど…そのころ粘着ラバーとかあんまり考えて使っていなかったw)

      ぶっちゃけ打った感覚がものすごく伝わる打球感でした。「俺打ってるっ!球打ってるよっ!」という感触をとても感じられます。

       

      打球感が感じられやすいということはそれだけ弾性は低いわけでして…球のスピードもテンション系に比べればかなり落ちますが…その分圧倒的に自分の力でボールをコントロールできて扱いやすいんですよね〜。よくキョウヒョウPro3のレビューで書いてある「弾まない」という評価ですが、当たっているは当たっているのですが、上級者でなければプラスな面としても受け取ることができるのかもしれません。自分の力で球を飛ばすことで、ラケットやラバーの高弾性に振り回されずにゆっくり安定して返球することができますぞ。

       

      ハッドロウJPV−Rはミドルハードの弾性だったので、そこもキョウヒョウと相性が悪くはなかったんでしょうね〜。この組み合わせ…意外にも安定性が高かったwありだと思いますっ!キョウヒョウPro3を間違って買ってよかったw

       

       

      ちなみにプレイとしてはループドライブで攻めていく系ですね。理由?表ソフトで角度打ち狙うと相方が取れなくて練習にならないからさ〜。そういう理由もあってループドライブがやりやすい粘着性ラバーがほしかったのですよ。まだ相手のカットやブロックをミスさせるほどのループドライブは打てていないので、より回転をかけるように精進していきたいです。カーブドライブ主体にしてみようかな〜。


      頑張れヤマガタサン 僕がこのラケットを買った理由

      0

        前回新しくラケットを買ってきた話書きましたけど、なぜこれらのラケットを選んだのか理由も書いてみたいと思います。ネットで色々と調べて買ってみましたけど、所詮素人に毛の生えた程度の浅知恵よ…。

         

         

        【ハッドロウJPV‐R】(片面ペンホルダー)

         

        実は前々から目をつけてはいたwバタフライのページでペンホルダー初心者向けラケットに選ばれていたはず。合板で桧単版よりコントロールしやすいかな〜と。あと、元々単版より合板の方が好きなんですよ、感覚的に。やっぱり自分のこれだっ!というラケット買った方が気持ちよくはなれます。8000円と今まで買ったペンホルダーラケットよりは値が張るので、うまくなじんでくれるといいのですが…。重さ的には79gなので軽くもなく重くもなくといった感じ。候補としてはバルサ材+カーボンの「制勝」というラケットもあったんですけどね…写真を見ると厚みがあってなんか気に入らなかったのでこちらにしました。(結局店には「制勝」は打っていなかったので実物は確認できず)でもハッドロウも思ったより厚みはありましたわw欲を言えばもう少し薄い方が好みではあったw

         

        評判としましては、「弾みはまぁまぁ・コントロールしやすい・安定性が高い・打球感はセミソフト」といったところみたいで。下のアドレスが卓球ナビのレビューになるので参考までに。

         

        http://takkyu-navi.jp/racket/detail/249

         

        果たして弾まない粘着性ラバー「キョウヒョウPRO3」に合うのかどうか…遠くで打ち合うプレイは目指していないので、前陣ということでうまくマッチしてくれるといいんだけどな〜。未知数。

         

         

        【キョウヒョウPRO3】(粘着性裏ソフトラバー)厚

         

        実はこのラバーね…間違って買っちゃったんだよねwネットで見たパッケージとは違うな〜とは思っていたんだけど…実は私がほしかったのは弾む力もそこそこあり、スポンジも柔らかめの「キョウヒョウNEO3」でしたw気づいたのは漫画喫茶でラケット削っているときでした。名前をしっかり覚えて買いに行かなかった私のミスですわ。あと「キョウヒョウNEO3」は特厚しか出ていないので、見つけづらかったか置いていなかった可能性もあります(言い訳)

        う〜む、買ってしまったものはしょうがない…。とりあえず使ってみるしかないwどうやら「キョウヒョウPRO3」「キョウヒョウ3」「キョウヒョウNEO3」と3種類ある中では一番回転がかかるらしい…そのかわりスポンジが硬くて弾性は最低みたいだけど(ボソ…

        まぁ粘着性ラバーの弾性のなさを感じることができると思えば、間違って買ってよかったとも言えますしねw寿命も「キョウヒョウNEO3」はグルー剤の関係で2週間ぐらいですが、「キョウヒョウPRO3」は3か月はもつみたいですしね〜。早く次の練習がしたいですっ!

        あっ、もちろん粘着保護フィルムも買ったんですが…評判がいいTSPの粘着保護フィルムは売り切れていたからバタフライのになりました…。まぁ調べたけど粘着性ラバーの適切な手入れがよくわからなかったので、とりあえずホコリを取って保護フィルムする簡単方法で様子を見てみたいと思います。探り探りのお試し感が強いw

         

         

         

         


        ラケット買ってきたよ〜

        0

          前回の練習により色々と思うことがあり、ラケット新しく買いに行ったw

           

          【色々と思うところとは】

           

          ・裏面打法ラケットは封印

          あんまり調べずに裏面打法ラケット買ってしまったから、妙にラケットが重い。重さにより球への反応が遅くなるし、疲れやすくもなってしまうのでいったん封印。もう少しペンホルダーの基本を習得してからまたラケットを調整していき、試してみたい。

           

          ・角度打ち・パワードライブは使用を控える

          練習相手が取れない・ラリーを続けられないというのが一番の理由で、角度打ち・パワードライブを封印。それとともに表ソフトラバーの使用も封印。球が遠くに飛んで行ったときに取りに行く時間がもったいないし、安定感もあるループドライブを主体にしていきたいと思った。(試合に出るわけでもないし、なるべくラリー続けて楽しみたいのでw)中学校の時に部員の父親にカーブドライブでいいようにやられたのが影響しているかもしれんです。

           

          ・バックのドライブは苦手

          ペンホルダーの弱点としてバックのドライブの攻撃力の弱さが元々ある。もちろん私も苦手wどうしても手首を返す動作が入るから、反応が遅れる&肘や上腕に負担がかかってしまうんですよね。というわけでこちらの理由もあり表ソフトラバーの使用を封印。ツッツキやストップ、横回転レシーブにおける回転勝負を狙っていきたいと思う。

           

          ・桧単版のはずみがどうにも苦手(フォア側に打球感をあんまり感じない)

          これは表ソフトのせいともいえるかもしれませんがwはずみが何となく強い気がしてね〜。あと表ソフトラバーでもループドライブできるといえばできるんですけど…けっこう気を使わないとうまく球を擦れなくて…。(擦りで球を捉えづらいといえばいいだろうか)結果精神的にも体力的にも余計疲れるw

           

           

          【結論】

           

          というわけでループドライブ主体でやってみるか〜と思ったので、粘着性のラバーと合板ラケット買ってみました。色々と試してみたいお年頃なんですよね〜。かといって表ソフトが嫌いになったわけではないですけど。ただ…表ソフトラバーで攻撃的になるとラリーが続かなくて楽しくないのだ〜。

           

          粘着性ラバーは高校のころタキファイアDとか使っていましたけど…当時粘着性ラバーとかテンション系ラバーとか高弾性ラバーとかあんまり考えていなかったwそういう意味では再び粘着性ラバーに戻ってきたことになりますね〜(高校時代はシェークで粘着性と表ソフト使用)

           

          果たしてこれが吉と出るか凶と出るか…わからないけど、ダメだったらまた表ソフトに戻るだけですからね〜wでもなるべく粘着性でうまくループドライブできればな〜とは思います。ラリー続ける上では絶対こっちの方が今は楽しいので(相手的に)正直体力がないので強打や角度打ちは負担がなかなか…回転で相手を揺さぶっていくしかない…。

           

          【購入物】

           

          ・キョウヒョウPRO3 (ラバー)

          ・ハッドロウJPV−R (ラケット)

           

          今回は店員さんとかには一切相談せず買ったので、この組み合わせでどうなのかどうか打ってみるまではまったくわかりませぬwある意味博打ですわ〜。(ダメだったらキョウヒョウNeo3買って試してみるか〜)

           

           

           

           


          週に一回の卓球(初心者さん)

          0

            前回、前々回の続き〜。偉そうないい方になってしまうのは申し訳ない…。卓球関係の時だけは魂に火が入るねん。

             

             

            【初心者さんOさん】

             

            これまで初心者のOさんにループドライブやらフリックやら教えてきたけど…やっぱり基本のフォア・バック・ツッツキが一番大事だよwと前回の練習の時に気づきましてな。今回は堅実にこれらを反復練習しました。やっぱり初心者さんには気持ちよく球を打つ…つまりラリーを続けて卓球が面白いと感じてもらうのが一番いいよ。ラリーを気持ちよく続ける…それが一番みんな楽しいと思うな〜。

             

            初心者Oさんもそうなんですけど、やっぱりやりやすいのはバック側の方みたいですね〜。スィングは簡単だし、なにより体の前で打てばいいというのがわかりやすいみたいです。フォアでは膝や足の動きがイマイチなんですけど、こちらでは膝がいい感じにリズムとって打ててました。卓球は腕でも腰でもない…膝で打つスポーツよっ!(キリッ)そんなことを考えた練習でございました。

             

            フォアは△、バックは○、フォアツッツキは○、バックツッツキは△ってところですかね〜。あとネット際に強い分ロングボールに弱い。(前後の打ち分けに弱い)左右の打ち分けについて来たり、左右に打ち分けたりするのは強い。ドライブっていうとループドライブでどの球も打とうとする。ブロックは軽いドライブならできるが、強打や角度打ちはまだできない。客観的にみるとこんな感じでしょうか。年齢が年齢なのでフットワークは難しいかもしれませんね〜。前回にもフットワークのこと書きましたけど、かっこよく打てていない人は細かい足の動きができていないような気がします。かっこいい打ち方=きれいに球が打てるといっても過言ではないっ(キリッ)まだ若さがあると思う人は反復とびをやって鍛えるといいかもしれませんね。イメージ的には中国拳法が近い気がします。つま先で動くところとかw

             

            ちなみに今回の練習に関しましては、練習相手になっている私もとても面白く感じました。やっぱりラリーが続くと面白いんですよね〜。あとは左右前後上下の打ち分けの練習にもなったりして…ボールコントロール力を鍛えるには持って来いです。初心者さんとの練習と馬鹿にしたりはせず、相手を褒めながら調子に乗せ、自分の練習もしていると考えるのが建設的な考え方かな〜と思いました。そもそも初心者さんが打ちづらい球を出してしまう人はボールコントロール力が足りない可能性も…。回転の強弱やコース取りに気を付ける実は繊細な練習…それが初心者さんとの気持ちいい練習ですw

             

            次はぜひスマッシュをきれいに決めてもらえるようにアドバイスしていきたいな〜。(これが中々に難しくてw)教えるのうまいかといわれるとそうでもないしな〜(感覚派なので…自分がどうやって基本を覚えたかよく覚えておらん)


            週に一回の卓球(相手カットマン)

            0

              前回の記事の続きです〜。偉そうな書き方になってしまうのは…なんか申し訳ない…w

               

               

              【カットマンのWさん】

               

              フォアカットが中々決まらなかったWさん。でも今回は違った。前回スィングスピードが遅いのがミスの原因と気づいたようで、そこを意識するようにしたのか、結構安定して決まってましたね〜。ストップへの反応もイマイチだったんですが、前後の動きも卓球教室に通ったためか、チームのうまいおばさんに鍛えられているためかかなり安定していたような。まぁ全体的にパワーアップしておりましたwでもやっぱりバックハンドの強打が一番うまいんだよね〜。ドライブマンのほうが勝つためにはいい気がするけど…こればっかりは個人の好みの問題だから何も言えんwがんばってほしい。

               

              あとはバックに高イボ張っているんですが、前回よりも打ちづらいバックのツッツキやカットだったな〜。低くてナックル気味だった気がする。あれを主軸にすれば試合での勝ちが見えてくる気もしますが…チャンスボールに対するフォア側のドライブとスマッシュが下手すぎて、相手しているこっちがヤキモキするわwチャンスボールは逃さず決めるように頑張ってもらいたいね〜。カットマンといえど、チャンスボールを打たない理由にはならない…。フォア側のドライブ・スマッシュが苦手な中級者はおそらくフットワークができていないんだよね〜。ボールに手を伸ばしていくのではなく、体の位置を動かして打ちやすい位置に移動することが大事。スィングをした位置にボールがあるように体の位置を調整するといえばいいのだろうか?とりあえずフットワーク。年齢で動けないというなら、何か別の手を自分で考えていかないと強くなれないぞ〜。


              週に一回の卓球

              0

                また卓球行ってきました。正直もう少し卓球やりたいんだが、相手がいないんだからしょうがない(泣)今回もカットマンの経験者と初心者さんと一緒に行ってきました。

                 

                 

                【私】

                 

                現在3本のラケットを所持しておりますが、とりあえず使っていくラケットはシンプルな桧単版のペンホルダー(表ソフト)になりそうです。さよなら裏面打法…今持っている裏面打法用ラケットは重すぎてしっくりこない…。そのうち軽量化してもう一度チャレンジしたいですな〜。

                プレイに関しては、ラケットに慣れてきたのか、相手に慣れてきたのか、相手のツッツキの返球がうまくなったのかラリーが前よりも続いていい感じに。ただし、角度打ちやパワードライブは相手も反応できないし、力加減ができない分精度も落ち、なにより遠くまで飛んで行ってしまいボールを取りに行く時間がもったいないw(特にオーバーでミスしてしまったとき相手に申し訳ない…)特に角度打ちは台上でスィングスピードをかなり速くしなければいけないので、力の入れすぎで疲れやすいのです…。というわけで今の環境では角度打ちやパワードライブを狙っていくのはあんまり得策ではないかな〜と思いましたので…ちょっと考え中。とりあえず軽めのループドライブ(つなげるためのドライブといえばいいのかな?)とカーブドライブがいい感じにできていたので、趣味でやる分にはそっちを伸ばしてみるのも面白いかな〜と思い始めております。後ろに下がって戦うのは苦手なので、前陣で攻めていくのは変わりませんが…ペンドラと前陣のどっちつかず的なプレイスタイルになりそうな感じですw

                 

                まぁ…私個人としてラリーを続けることが一番好きなのでw打ち抜きたいとかそういう気持ちはそんなに強くないんですよね〜。


                台上最速リフトについて

                0

                  フリックについて調べていたら、リフトなる技の存在を知ることができた。時々自然にやっている技だが、これはリフトという技だったのね。ギミックを覚えて意識して打っていけるようになりたい。今回も「卓球知恵袋」の動画に教えてもらうぜ。

                   

                   

                  ■台上最速リフトのコツ

                   

                  https://www.youtube.com/watch?v=ARYbDVxlHOM

                   

                  ・ぶち切れサーブも関係なく強打することができるバックのレシーブ

                  ・ラケットのヘッドを下に向ける(横だと普通のフリックになってしまう)

                  ・手首を固定し、ラケットの先端で打つ(はじく)

                  ・手首を返すとオーバーミスなど不安定になってしまうので手首は固定

                  ・ラケットの先端は回転をかけられないが、はじきがいいところ

                  ・スイングは早くする(切れたサーブも上書きすることができる)

                   

                   

                  ■誰でも簡単に台上攻撃できる技「リフト」

                   

                  https://www.youtube.com/watch?v=mQMxxUWMJ9g

                   

                  ・ツッツキのようにまずは入っていく

                  ・救い上げて運ぶようなイメージで打つ

                  ・ラバーが回転に反応しないように救い上げる(あまりラバーに球をくっつけておかない)

                  ・目標地点に向けてボールを運ぶ(進行方向をちゃんと意識して運ぶ)

                   

                   

                   

                  【まとめ】

                   

                  フリックと似て、打球点は頂点みたいですね〜。回転をかけるとかそういうものではなく、救い上げてそのまま返してあげるというイメージを持ちました。あとは手首で打たずに固定して、腕全体を動かして打つように意識するのが安定して入れていくうえでとても大事なのかも。(手首で打とうとすると、疲労感とかで体の動きが変わっていたりすると安定しないかも)今度の練習でちょっと試してきたいと思います。

                   

                   


                  フリック

                  0

                    う〜む、この間の練習にてカットマンである練習相手W(仮名)は意外とバックのフリックがうまいことが分かった。そして、フォアのフリックもやり方さえ覚えれば結構できるのではないかと私は思うようになった。

                     

                    というわけでフリックについて私自身も少し勉強して、私の練習と称して教えていけたらな〜と思う。というわけで「卓球知恵袋」の動画でいくつかフリックを調べてみた。(「卓球知恵袋 フリック」 で検索するとすぐ出てくる)

                     

                     

                    ,覆鵑任皀侫アクリック(切れていてもナックルでもなんでも打てるらしい)

                     

                    https://www.youtube.com/watch?v=llZTDYrBHXk

                     

                    ・相手の回転を気にせずにバックフリックできる

                    ・球のインパクトは頂点を狙う(右足の一歩が遅いと頂点をとれない)

                    ・ラケットの角度調整はしなくてOK(スイングスピードが遅くなるから)

                    ・インパクトの瞬間のスィングを早くする(相手のサーブのスィングスピードより速く)

                    ・テイクバックはとらない(後ろに振りかぶらない)

                     

                     

                    △覆鵑任皀丱奪フリック

                     

                    https://www.youtube.com/watch?v=8vnBx-gH_rs

                     

                    ・相手の回転を気にせずにバックフリックできる

                    ・球のインパクトは頂点を狙う

                    ・打球する瞬間を早くする(相手のサーブのスイングスピードより速く)

                    ・ラケットの角度調整は考えなくてOK(スイングスピードが遅くなるから)

                    ・手首は大きく動かさない(時計でいうと一時間くらい動かすくらいでOK)

                    ・インパクト時のラケットの角度はテーブルと垂直

                     

                     

                    スピンフリックのコツ

                     

                    https://www.youtube.com/watch?v=Vv5QvU55Cn8

                     

                    ・普通のフリックより相手にコースを読ませない球が打てる

                    ・まずはツッツキするように入っていく

                    ・頂点でドアノブを回すようにひねって飛ばす

                    ・スピンの意味はラケットをスピン(ひねらせて)させてとばすの意。

                    ・手首を半分くらいひねる感じ

                    ・手首よりは肘を回す感覚が近い?(素振りしてみた感想としては)

                     

                     

                    ぅ好團鵐丱奪フリックのコツ

                     

                    https://www.youtube.com/watch?v=eJINEEvmtQw

                     

                    ・普通のフリックより相手にコースを読ませない球が打てる(最新の打ち方)

                    ・まずはツッツキをするように入っていく

                    ・頂点でドアノブを回すようにひねって飛ばす

                    ・押す・はじくではなく横に回す感じ(半分くらいドアノブを回すくらい)

                     

                     

                    【まとめ】

                    フリックの大事なこととしては「ツッツキで入っていく」「スイングスピードを速くする」「インパクトは頂点で」みたいですね〜。次回の練習の時に試してみたいと思いますが…おそらく4種類やると混乱してくるので、とりあえずみんなととい里曚Δ鮖遒靴討澆燭い隼廚い泙后(こっちのほうがおそらくわかりやすい)

                     

                     

                     

                    さて、次はリフトという技についても調べてみようかな。(本当に学生時代にインターネットが普及していなかったのが残念でならないw)

                     

                     

                     

                    ■あと今初心者の友人Oからラケットかったという報告が入りました。

                    -------------------------------------------------

                    TSPスワットカーボンFL

                    VGA  (XION)

                    BOOSTERSA   (MIZUNO)

                    -------------------------------------------------

                    カーボン使用でテナジーの安いバージョンと評価を受けているVGAと表ソフトのBOOSTERSAを選んだらしい。フォアとバック、どちらを表ソフトにするのか気になるところ。値段も12000円くらいに収まったんじゃないかな〜?

                     

                     

                     

                     

                    ■おすすめの本

                    球魂 10巻

                    →わざとハンデを抱えながら戦う選手たち…自分もやってみたくなるw

                     


                    久しぶりに卓球をやって思ったこと

                    0

                      〆から本気出すとか卓球にはない(そんなこと思わない方がいい)

                       

                      余計な力が入るので、「今から本気出す」とか考えたりしてはダメです。いつも自分が練習しているものが自分の実力のすべてだと思っていたほうがいいでしょう。本気とか気を引き締めるとかない。練習で動けている動きが自分の実力のすべてであり頂点。

                       

                       

                      考えろ。うまくなるために。勝つために。

                       

                      自分が目標としていることのために考えよう。カットが入らなければなぜ入らないか・安定しないのか考え修正していき、勝ちたいなら多くの人が苦手とする回転の種類やラバーの弱点を把握して的確についていく………色々と考えることが強くなる近道な気がします。卓球は色々な意味で論理的?なスポーツだと思います。回転やフォームの理屈・理論がわかると動きや考え方が変わってくるのかもしれませんね〜。


                      << | 2/3PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      アニメ化決定

                      ガンプラ最新作

                      「世話やきキツネの仙狐さん」最新刊

                      おすすめライトノベル

                      ランキング参加中です。クリックよろしくお願いします。

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      ゼペットの娘たち (電撃文庫)
                      ゼペットの娘たち (電撃文庫) (JUGEMレビュー »)
                      三木 遊泳
                      ひそかに面白いおすすめのライトノベル

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM